個人で銀行融資を受ける場合に気を付けたいポイントとは

銀行融資がいざ必要となった場合、どんなことに注意をすればよいのでしょうか。審査が厳しいイメージがある銀行融資を受けるために、マイホーム購入などでお金が必要となった場合などで困らないように、正しい知識を得て事前に備えておきましょう。

税理士の全国無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には、お気軽に エクセライク会計事務所 までお問い合わせください。 ご相談は全国無料です。お電話・メール・チャット・WEB会議にて承ります。 ✆ 0120-017-591 メール相談 ライブチャット WEB会議予約

銀行融資で審査を通過するコツ

使う目的を明確にする

銀行融資を受ける際に、大事なポイントのひとつは、使う目的を明確にすることです。お金を貸す銀行側が、一番知っておきたい情報となります。例えば、マイホーム購入であるとか、教育ローンであるというような明確な理由がある方が、融資を受けやすくなります。

銀行から融資を受けるということは、手持ちの額では足りないという理由があるはずです。銀行側が納得できる明確な理由があれば、融資に対して積極的になれますが、不明確な理由であれば、銀行側の審査に通らない可能性もあるのです。

銀行によっては、小額の場合は、個人の理由で借り入れが可能な場合もあります。しかし、高額な融資については、ある程度の理由が必要となるので、借り入れ目的をはっきりとしておきましょう。

過去5年以内に延滞記録がない

カードのローンや、税金、公共料金などの利用状況も、銀行側の融資審査の対象となります。過去5年以内に、さまざまな返済の遅延記録がないことも大切な条件です。クレジットカード利用で、支払いの遅延や踏み倒しなどがある場合は、融資が受けられない可能性が高いです。

過去5年以内にクレジット事故をおこしている場合でも、融資が受けられる場合もありますが、金額に制限が出るため、金額が軽減されてしまいます。基本的には、クレジット事故を起こしていない状態が望ましいので、返済期日はきちんと守るようにしましょう。

そして、クレジット事故を起こす可能性が含まれるクレジットカードの保持数にも注意が必要だといわれています。年収に対して、個人の借り入れられる枠が決まります。クレジットカードを使用していなくても、キャッシングを使用できる可能額があることになります。

これは、銀行融資を受けてから、キャッシングをされる懸念もあるため、銀行側が融資できる金額枠が減ってしまうことにもつながります。一度も使っていないのにと思っても、保持しているだけで計算されてしまうのです。一度、いらないカードは解約するなど考えておくべきでしょう。

今の会社に3年以上勤務している

銀行融資を受ける際は、勤務状況についても審査があります。その基準は、3年以上の勤務があることです。基本的には、正社員である方が望ましいですが、契約社員や派遣社員の場合でも、定期的な収入があり、安定した勤務状況であれば融資が可能となる場合もあります。

以前の会社が10年以上の勤務があったとしても、転職したばかりで現在の会社の勤務が3年に満たない場合など、例外は稀にありますが、条件を満たすことができないことになります。転職したばかりの場合も、注意が必要です。転職の理由がどんなことにあるのかも、審査の対象になります。

例えば、転職の理由が引き抜きやポストがアップするような理由であった場合は、ポジティブな転職と捉えられ、勤務年数が3年に満たなくても融資が可能となるケースもあります。逆に、マイナスなイメージの理由であると、銀行側の評価が下がるということもあります。

ローンの総額が100万円前後である

借り入れしたい総額が、100万円前後である場合は、安定した収入があれば審査に通りやすいといえるでしょう。高額の融資を依頼する場合は、返済期間と収入のバランスを計って、審査を行うので、金額が低い場合であれば融資を受けられる可能性は高くなるはずです。

ケースによりますが、返済が見込むことができると、銀行側が判断できるような額の場合は、リスクが低いため可能になる場合もあります。

担保・保証人は準備しておく

銀行が融資を行う場合のリスクは、返済が行われなかった場合にあります。そのため、厳しい審査も必要ですが、返済ができなかった場合の保険として、担保や保証人がいることは銀行側にとって安心材料となります。担保になるものは、貯金や不動産・株式・有価証券などになります。

そして、保証人は、保証人と連帯保証人があります。保証人は、申立をすれば支払い義務を逃れることができますが、連帯保証人となった場合は、債務者と同等の義務が生じるので、支払いからは逃れることができないのです。

保証人に関しては、現在のガイドラインでは、本人の保証能力以上の取引はしないということになっています。銀行側が担保や保証人を要求してくるかどうかは、ケースバイケースですが、念のため事前に準備をしておくとよいでしょう。

銀行融資の流れ

ネットや窓口から申し込みをする

個人で銀行融資を申し込む際には、2通りの方法があります。ひとつは、銀行窓口に来店する方法で、もう一つはネットからの申し込みをする方法です。窓口へ来店する場合は、窓口で担当者がすべての相談に乗ってくれるので、不安なことがある場合は直接行くのがおすすめです。

窓口に行く際には、本人確認が可能な身分証明書などの書類を持参して下さい。金額が高額になる場合は、年収などが証明できる書類が必要となる場合もあるので、各銀行に確認するようにしましょう。仕事などで、窓口へ出向くのが大変な場合は、ネットでの申し込みが手軽です。

各銀行のホームページにある、ウエブでの申し込みのところから申し込みをします。ネットを通して申し込みをする際は、身分証明書類などをインターネット上を通して行って頂きます。操作も時間も短縮されるので、手間が掛からないのがメリットです。

窓口でのよさは、不安なことをその場で確認ができることです。担当員が、口頭で説明してくれるので、不明なこともその場で聞けます。ネットの場合は、手間が掛かりませんが、規約などの説明は自身できちんと確認しなければならないので、注意が必要です。

銀行によっては、窓口やネット以外でファックスや郵送での申し込みができるところもあります。さまざまな方法で、申し込みができるので、自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。

1週間ほど審査待ち

銀行に融資の申し込みをしてから、審査が終わるまでだいたい1週間ほど待ちます。場合によって前後するので、余裕を持って申し込みをするようにして下さい。ネットでの申し込みは、ほとんどの銀行で24時間365日可能となっており、仮審査の状況の連絡がだいたい3~5日ほどできます。

直接来店されたケースの場合は、窓口の担当者とやり取りをしながら、審査が進み、正式に審査が通り成立したら正式な申し込みとなります。ネットでの申し込みは、すべてをネットで済ませられるケースと、正式な申し込みは窓口まで来店するなど、各銀行で違います。

ご自身の選んだ銀行のホームページを確認するか、銀行に直接確認するようにしましょう。

審査が通れば銀行と契約

銀行に融資を申し込むというのは、あくまで仮審査を申し込むという形になります。審査が通るかどかは、審査を行ってからとなります。仮審査で、希望金額に届かないこともあるので、申し込みをしたからといって融資が可能になるかは、その時点では未確定だと思っておきましょう。

郵送の場合などは、審査結果が届くのが遅くなることもあります。そして、審査連絡をした場合に、届け先の連絡先や住所と違った場合は、審査が通らず断られるケースもあるので、申し込みを行う際には十分に注意をしましょう。

審査が無事に通ったら、正式な申し込みを行います。銀行によってさまざまですが、高額の場合などは、基本的には窓口で正式申し込みを行うことが多いでしょう。それぞれの銀行に確認するようにしましょう。

契約後数日で口座に振り込まれる

正式に契約をした後は、数日で融資額が口座に振り込まれます。振り込みを急ぐ場合は、郵送よりも窓口に行く方がおすすめです。契約する銀行の口座を持っている場合は、スムーズですが、もし持っていない場合は、返金用の口座も開設する必要があります。

審査が通ってしまえば、意外と早く口座に振り込みがあるので、とても便利といえるでしょう。金額に関しては、思い通りの額にならない場合もありますが、理由などは告知されない場合がほとんどです。銀行によって、条件なども変わってくるので、自分に合った融資先を探しましょう。

銀行融資を受ける時の注意点

契約完了までは事故を起こさない

銀行融資を受ける際は、慎重に行動をする必要があります。融資の申し込みをして、仮審査などを受けている間も気が抜けません。過去に金融事故を起こしていなくても、審査の間に何かが起きた場合は、審査が通らなくなる可能性があります。

クレジットカードや、携帯電話の支払いの遅延、税金などの延滞なども含めて、きちんと支払いを滞りなく行うようにしましょう。仮審査が通り、正式な申し込みを行ったからといって安心してはいけません。申し込みを行う前から、きちんと支払いなどの確認をしておきましょう。

金融での事故とは、延滞・代位弁済・債務処理・自己破産・強制解約のことをいいます。延滞は、一日でも延滞になりますが、事故情報として金融機関に流れるのは、2ヶ月以上となります。一般的に起こりやすい事故とは、延滞のケースが多くあります。

嘘はつかない

個人で銀行の融資を受けるのは、事業主に比べて比較的難しいポイントはありません。しかし、さまざまな条件を満たすことは大切です。金融事故などがないか、支払いが滞っていないかなど自己責任の問題は、必ずクリアしていかなければなりません。

銀行融資を受ける上で、絶対に嘘をつくことはしないようにしましょう。例えば、ローンが残っているのに、ないことにしないことも大切です。嘘をついて、ローンが残っていないと申告をしても、必ずバレてしまいます。嘘をついたことがマイナス評価になるのは、確実です。

他社のローンが残っている場合は、正直に申告するべきです。あまりにも多額なローンが残っていたり、数社の消費者ローンから借り入れがある場合は、その時点で融資は難しくなりますが、状況によっては、希望額は通らなくても、一部可能になる場合もあります。

借りることができる状況であっても、嘘をついてごまかそうとしたことにより、不可能になってしまう場合もあるのです。銀行融資を受けたいのであれば、きちんと正しい申告をすることが大事だといえます。間違っても、嘘はつかないようにしてください。

事前に準備して銀行融資で通りやすくしよう

銀行融資を受けたいと考えたら、事前にきちんとさまざまな情報を得て、準備をするようにしましょう。他社からの借り入れがないことや、金融事故がないということを確認し、勤続年数や収入の安定があるなどの条件がクリアされているかを確認しましょう。

自分がお願いしたい銀行の融資の状況などを調べ、前もって必要なことをきちんと調べるようにしておけば、いざというときに安心です。なにごとも、計画的な動きが大切となるので、間違いのないよう調べるようにしてください。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

開業8年で600社ものクライアントを有するエクセライク会計事務所の代表税理士。
顧問料は相場の半分以下と業界最安値だが、それは自社開発のExeLikeシリーズにより、
顧客は簿記や会計の知識を一切要せず、Excelだけで対応でき大いに支持を集めている。