起業の方法とは?手順を抑えて自分のやりたい仕事を始めてみよう

誰でもできる起業の手順

ビジネスプランを固める

新しいビジネスを始めるために必要なことは、具体的なプランを考えることです。どのようにビジネスを展開していくのかはもちろん、具体的な資金のために必要な融資など、頭の中にある考えをより具体的にする必要があります。そのために必要なのが事業計画書です。

税理士の全国無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には、お気軽に エクセライク会計事務所 までお問い合わせください。
ご相談は全国無料です。お電話・メール・チャット・WEB会議にて承ります。
✆ 0120-017-591 メール相談 ライブチャット WEB会議予約

事業計画書とは、これからどのようにして事業を進め、売上高や損益の見込みがどれくらいなのかをまとめた具体案になります。

事業計画書の作成は簡単ではありませんが、起業に対する自分の考えやアイデアを整理するために効果的なだけでなく、頭の中では考えがまとまっていたつもりでも、書面に書き出してみることで課題が見えてくる場合もあります。起業を始める前に今何が必要なのかを知るためにも、ビジネスプランをしっかりと固める必要があります。

また、事業計画書を作成することで、社外へ事業内容を報告する事業報告書をスムーズに作成することができます。ビジネスプランをしっかりと固めることで、事業内容を社内外へ通達することが可能になります。

起業のための資金を集める

起業をしようと思い立ったら、まずは起業資金の準備を始める必要があります。事業計画書の内容をもとに、資金がいくら必要になるかを検討したうえで、資金集めについて考えましょう。

起業を始めようと思っている方の多くは、自己資金だけでは始められないと考えている方が多いかもしれませんが、融資や補助金などの制度を利用することで、資金面での負担を軽減することができます。起業資金を準備する主な方法としては、銀行の預金が挙げられます。

銀行で預金することによって資金を貯めるだけではなく、将来融資を受け取る可能性を考慮し、銀行とのコネクションを作る役割もあります。計画的に貯蓄ができることをアピールし、銀行からの信用を高めることができます。

預金口座を開く場合は、信用金庫などの地域に密着した金融機関を選ぶことで、起業後に融資が得られやすいというメリットもあります。起業したての事業者は大手銀行から融資を受けることが難しいといわれているため、口座選びもじっくりと検討する必要があります。

また、事業の規模や内容によっては自己資金だけでは起業できない場合が多いため、金融機関からの融資や補助金、助成金を受けることを検討しましょう。金融機関は事業計画書の内容で融資をするか判断するため、事業計画書の作成は資金を集める上でも必要なプロセスです。

必要な書類を提出する

起業するにあたり、必要な書類を提出することが求められます。個人事業主開業届はもちろん、確定申告の際は自分で行う必要があります。個人事業主開業届とは、個人が新たに事業を開始したときに税務署に提出する書類のことをいいます。

税務署に対して事業を開始した報告をすることで、確定申告の時期になると申告書が送られてきます。開業届は店舗を増やしたときや、移転や廃止をしたときにも提出する書類で、社会的信用にもつながる大切な書類です。

開業したら1カ月以内に提出するようにします。書類を税務署に郵送するだけなので、手続き自体は簡単に行うことができます。起業というと他にも提出する書類があるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、個人での企業の場合は、個人事業主開業届が最低限必要な書類となります。

また、個人での事業所得がある場合は青色申告承認申請書を開業届と一緒に提出することで、65万円控除を受けとることができるというメリットもあります。通常の申告よりも税金の控除が多くなるため、対象となる場合はあらかじめ書類に目を通しておきましょう。

詳細はこちら

 

フランチャイズ加盟や法人化の道もある

起業したばかりの方は無名で実績も少ないため、社会的信頼を時間をかけて作っていく必要があります。フランチャイズ加盟の最大のメリットはブランド力です。既に知名度のある大手起業などに加盟することで、認知度の向上や集客アップなどのチャンスを得ることができます。

フランチャイズとは、事業者が他の事業者との間に契約を結び、すでに確立された経営のノウハウをもとにして商品の販売や事業を行う権利を与えられることです。見返りとして一定の対価が支払われるため、事業に必要な資金を継続的に得られることができ、指導や援助のもとで事業に専念することができます。

事業の立ち上げの際に必要な知識や技術をサポートしてくれたり、未経験の経営者向けに講習を開催していたりなど、独立開業から運営にまでに必要な知識が提供されます。

初めて起業する方にとっては安心できる要素がたくさんあるため、フランチャイズ加盟や法人化としての起業は安心して事業を始めることができるというメリットがあります。

起業する人におすすめの補助金と制度

融資を受けやすい日本政策金融公庫

起業に必要な資金を集めるために、補助金などの制度を利用して効率良く事業を始めることで、資金面での不安を解消することにつながります。比較的融資を受けやすいといわれているのが、国民生活事業と中小企業事業がある日本政策金融公です。

新創業融資制度を利用して融資を受けとることができ、上限は1,000万円、金利1.25~3.00%で、原則設備資金の場合は15年以内、運転資金は5年以内が目安といわれています。借り入れ上限の金額は事業計画や自己資金などからによって考慮し、決定されます。

事業を始める前から申し込めるというメリットがあるため、比較的早く融資の結論が出されます。開業資金にかかる全額を融資してくれるわけではありませんし、一度返済が遅れるとその後の新規融資に応じてもらえないといった点には注意が必要ですが、融資を早く受け取ることができます。

ちふれの女性起業家支援制度

化粧品などで知られるちふれは、創業当時から女性を支援サポートする精神を持ち、女性を応援する企業として、女性を応援するためのさまざまな取り組みを行っています。そのひとつが女性起業家支援制度です。2013年から「ちふれ女性起業家支援制度」を導入し、女性の夢を叶えるためのサポートを行っています。

起業セミナーやスキルアップ制度なども行っているため、初めての起業に不安な女性でも安心して取り込むことができます。資本金として100万円が支給され、株式設立後はちふれが3割株を保有することになります。

事業に必要なオフィスや店舗の開設費や備品、人件費など、ちふれ化粧品が認める経費は最高900万円まで支給されることも。支援の対象は女性の観点から考えた夢のある事業であることが条件となるため、女性の強みを生かすチャンスにつなげることができます。

中小企業におすすめのミラサポ

中小企業や小規模事業などへの助成金制度を行っているミラサポ。創業補助金、小規模事業者補助金、ものづくり補助金の3種類の補助金制度があります。中小企業や小規模事業者とその支援を行う支援機関のためのインターネットサービスで、無料の会員登録をするとビジネスの幅が広がるさまざまなメリットを受けることができます。

全国の事業者や専門家などが参加するミラサポコミュニティでの交流や、年間3回まで専門家の派遣を受けられるサービスはもちろん、各種補助金のエントリーがミラサポのサイト内から簡単に行うことができるため、起業の不安を解消することができます。

ミラサポのコミュニティは、多くが中規模企業の経営者や各分野の専門家で成立しているため、ビジネスにおける情報収集をしたい方に役立つ情報を見つけることができます。

専門家に無料相談できるDREAM GATE

ドリームゲートは経済産業省の後援を受け、2003年発足した起業支援プラットフォームです。日本に起業文化を確立したいという目標を掲げ、気軽に無料で使える便利なツールやコンテンツ提供などのウェブサービスや起業に必要な知識やスキルを学べる場の提供、セミナー開催などの活動を行っています。

ドリームゲート・アドバイザーと呼ばれる、ベンチャー、金融関係者、コンサルタント、中小企業診断士、弁護士、税理士などの専門家が、起業をしたい方へ起業についてのノウハウや知識、経営のアドバイスや成長支援を行っています。さまざまなジャンルの専門家に無料相談することができるため、夢への道が開いていきます。

初心者におすすめの企業サイト

経験が積めてお金も貰えるクラウドワークス

初心者で独立したい方におすすめなサイトのひとつがクラウドワークスです。インターネットのオンライン上で、在宅ワーカーと仕事発注者のマッチングを行い、業務の遂行や報酬の支払いまでを一括で行うサービスを提供しています。

すでに専門の知識を積んできた方で、フリーランスとして活動したい方は、クラウドワークスの求人情報でマッチした案件を探すことができるため、すぐに自宅で仕事を始めることができます。職種の種類も多岐に渡り、企業数も圧倒的な数を誇るため、初心者から経験者まで幅広い方が利用することができます。

自分のアイデアを形にするココナラ

クリエイター志望の方が自分の作品を売り込むことができるのが、ココナラです。ココナラではオンラインで知識やスキルを売り買いすることができるサービスです。サービスのやりとりでは匿名で行うこともできるため、プライバシーを重視したい方でも使いやすいのが特徴です。

イラストレーター、ライター、占い師、漫画家などのほか、映像制作や弁護士、法律相談など、さまざまなジャンルのサービスを提供し、受け取ることができます。自分の特技を生かして起業したいという方は、経験を積むチャンスを得ることができる場でもあります。

ネットショップが簡単に作れるBASE

初期費用、運営費用が無料でネットショップの作成から運営まで行っているのがBASEです。さまざまなテンプレートの中から気に入ったホームページを作成することができ、決済方法の設定も簡単に行うことができます。

自分の商品や作品を売り込んでビジネスに生かしたいという方は、BASEを利用することで、初期費用を抑えて簡単に始めることができます。SEO設定でアクセス解析なども知ることができるため、ネットビジネスの参考として考えることもできます。

まずは作品をたくさんの方に見てもらいたいという方は、BASEを利用することで可能性を広げることができます。

手順を抑えて自分のビジネスを始めよう

起業というと手続きや方法が難しいと考える方も多いかもしれませんが、必要最低限な提出書類も少なく、簡単に始めることが可能です。しかし、起業に必要なのは事業計画書とよばれる、事業の目的やビジョンを明確にする計画書が必要です。

頭の中でイメージするだけではなく、しっかりと書き出してみることで、より具体的なプランを立てていくことができます。資金調達が難しいという方は助成金や融資などを利用することができますので、起業に必要な手順をしっかりと抑えて、自分のビジネスの道を切り開きましょう。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

開業8年で600社ものクライアントを有するエクセライク会計事務所の代表税理士。
顧問料は相場の半分以下と業界最安値だが、それは自社開発のExeLikeシリーズにより、
顧客は簿記や会計の知識を一切要せず、Excelだけで対応でき大いに支持を集めている。